『 アートでつなぐ人々の 和 』  産業、文化、人を Set し、人材育成、地域活性化を目的としています。





瀬戸の地で加藤民吉らが磁器の焼成技術を広めたのが19世紀初め。
瀬戸染付焼は、これを起源に瀬戸の地で急速に発展し今日があります。

伝統工芸士の培われた作品の展示を通して瀬戸染付の技を鑑賞していだくとともに、製作方法・表現・素材を問わない様々なのジャンルのアーティストによる、磁器の加飾技法の一つ『染付』を自由に表現する展示です。